Category : 夫のクリニック訪問記

ED治療はどこで受けるべきか?

「妻のためにも、ED治療を受けてみようかな」と思っている男性は、本当に素晴らしいと私は思います。「でも、どこへ行くのが1番いいの?」と悩んでいる人もいるでしょう。 私も夫にいわれて色々調べましたが、泌尿器科や内科よりも、男性専門のクリニックのほうが色々とメリットがあることが分かりました。

一般的な病院の場合

かかりつけの病院や総合病院を受診する場合は、泌尿器科や内科にかかります。ホームページなどに「ED相談」などと記載があれば、治療を受けられるでしょう。特に一般的なのは、泌尿器科だと思います。

内科は、持病がある人に向いています。特に高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある男性は、かかりつけの内科でEDについて相談してみるのが、もっとも確実のようです。持病がない人は、泌尿器科に行ったほうが確実でしょう。

生活習慣病に限らず、治療を受けている病気がある場合は、まずは担当医に相談してみることをおすすめします。病気の種類や、服用している薬によっては、クリニックなどで薬をもらっても効果が十分でなかったり、そもそも処方してもらえなかったりするからです。

その他の科としては、産婦人科もあります。特に不妊治療をおこなっている夫婦では、男性側の原因としてEDがありますので、薬を処方してもらえることがあります。もちろん男性単独ではなく、夫婦で受診する形になります。

またストレスなどによるEDの場合は、心療内科でも対応してくれることがあります。ただし最初からED治療を目的とするなら、他の科のほうがいいと思います。もとからカウンセリングなどに通っている人は、症状の1つとしてEDを相談してみてもいいかもしれません。

男性専門クリニック

普通の病院にはかかりにくいという男性には、専門のクリニックがもっとも安心です。うちの夫も、男性専門のクリニックで薬を処方してもらっています。

EDのほか、薄毛や包茎、男性用の美容整形や男性更年期障害など、ありとあらゆる「男性の症状」を専門に診るクリニックです。患者さんが安心してかかれるよう、受付スタッフもすべて男性でそろえているところが多く、また薬も門前薬局ではなく院内で処方してくれるところがほとんどです。 待合室にいる患者さんも男性ばかりですし、診察室の防音対策など、プライバシーには念を入れているクリニックが多いようです。

さらにこういったクリニックで嬉しいのは、初診料や診察料が0円のところが多いことです。薬代だけで済むようになっていますので、泌尿器科よりも費用を安く済ませることができます。 これなら、家計をあずかる奥さんにとってもありがたいはずです。

Recommend