Category : ED克服のために妻ができること

ED対策に不向きな運動とは?

EDは生活習慣病のサインという話もあって、EDの治療を開始したのと同時に、生活習慣病についての情報収集も積極的に行うようにしました。 中でも、ダイエットに関することは私も気になる情報なので、多く調べたのですが、その中に、運動の効果について気になるものがありました。

筋トレは効果がない?

生活習慣病でダイエットするときは、適度な運動が効果的で、特に有酸素運動の効果が高いのだそうです。私たちも最近、2人でジョギングを始めましたが、このジョギングは有酸素運動です。 対して、筋トレは無酸素運動と言われています。

無酸素運動は、有酸素運動のように効率的に体脂肪を燃やすことができないので、やらない方がよいのかな、と考えていました。 しかし、もっと調べてみると、筋トレにもダイエット効果はたしかにある事が分かってきました。

筋トレで全身の筋肉量をアップさせると、基礎代謝がアップし、日々の生活での消費カロリーを増大させることが出来ますので、結果として太りにくくなるのだそうです。 また、筋肉に適度の刺激を与えると、男性ホルモンの増加も期待できるようで、EDの治療にも良いようです。 年齢もあるので、一気にやることはできないでしょうが、腹筋運動などを少しずつやってみるのもいいかもしれません。

有酸素運動はすべて効果的?

有酸素運動はダイエットに効果的ですが、息が切れて終了後に倒れ込むほどのきつい運動は、無酸素運動に分類されるそうで、ペースが速すぎるジョギングなどは、かえって逆効果みたいです。 無理をしないで、軽く息が弾む程度の運動が最も効果的なのだそうです。

これまで全く運動をしていない場合は、まずはウォーキングから始めるのが良いといわれますが、人によってはウォーキングでは物足りなく感じるかもしれません。夫と私も、はじめはウォーキングから始めたのですが、あまり効果を感じられなくて、ジョギングに変更しました。

そこそこ運動能力があるのであれば、ウォーキングよりはジョギングの方が効率よくダイエットが可能で、時間短縮もできます。 朝が忙しい私と、仕事がある夫の場合、ジョギングの方が合っていました。それぞれ、自分の生活にあった運動を選択するのが一番良いと思います。

サイクリングには注意が必要

また、有酸素運動の中でも人気なのがサイクリングです。爽快感もあり、足首や膝への負担が少なくなるため、運動そのものは効果的です。 ただ、長時間のサイクリングは、EDのリスクを高めるという話があって、少し怖くなりました。サドル部分が、陰部を圧迫し、陰茎への血液循環が損なわれて器質性EDの原因となることもあるようです。

特に、流行しているスポーツタイプの自転車では前傾姿勢となり、またサドルも細いので、より強い圧迫が加わり、危険は増すのだとか。 器質性EDの場合でも、バイアグラなどの治療薬で改善できるのだそうですが、できればそんなリスクは避けたいなと思います。

しかし、最近は中心部をへこませ、圧迫を防ぐようなサドルも販売されているそうで、きちんとした対策をすれば、サイクリングも問題ないようです。 また、リスクが高くなるのは1日2時間以上乗るような場合なので、近所へのお買い物程度なら大丈夫だそうです。

Recommend