Category : EDになった原因

口のきき方に注意する

とかく女性は、男性に対して厳しい言葉をかけてしまいがちです。私も、しょっちゅう厳しい言葉をなげて、後で反省することも多々あります。また、男性は女性が思っている以上に繊細で傷つきやすい一面を持っているそうで、何気なく言った一言が原因でEDになってしまった、と言う例もあるようです。特にセックスに関しては、女性は男性に対する言葉には気をつけた方が良さそうです。

他人との比較に注意

男性は、何事も勝負にこだわる傾向が高いようです。友人同士で楽しく会話しているときでさえ、無意識に自分が何番目かを気にしていると言われます。 対して女性の方は、情報を共有し、お互いの結びつきを強化したいという欲求をもつものとされていて、近所やママ友と積極的に噂話をする事を好みます。 その男女の違いが、悲劇を生むこともあるようです。

たとえば、ご近所が新しい車を買った、とか、同級生の1人が家族で海外旅行へ行ったなどの会話は、女性にとってはただの情報交換にすぎません。特に深い意味もなく、夫にも話します。

しかし、それを聞いた男性は「自分にはそれだけの経済力がないことを当てこすっている」などという、女性にとっては思いもよらないような深読みをする傾向があるようなのです。 近所の誰かが昇進した、などという話題もかなりのプレッシャーと感じるようです。 特にこのような話題は、男女で全くとらえ方が異なるため、注意した方が良いでしょう。

子供にまつわる話題

また、特に子供がいない家庭では、子供に関する話題も難しいといえるでしょう。 特に子供がほしいのになかなかできない、というプレッシャーは大きいものがあります。 結婚して数年経っても子供ができない場合、周囲からもさまざまな言葉を投げかけられるようです。 どちらかと言えば女性の方が子供をほしがる傾向が強いのですが、夫婦の間に温度差があれば、ささいな事でケンカとなってしまうようです。

たとえば、ご近所や友人知人の子供の話題が禁句になってしまう夫婦は多いようです。「あの子、かわいいね」というような、何の当たり障りもない言葉に対してさえ、「俺への当てつけなのか」と過剰に反応する男性もいるようです。

また、「今日は排卵日だから」という言葉も、繰り返されるうちに男性に恐怖を与えるようです。これが原因でEDになる男性も多いなど、「失敗できない」というプレッシャーは男性を追い詰めるようです。

男性の繊細な心を理解してあげて

また、セックスがうまくいかなかった際に、どんな言葉かけをするかも重要です。男性にとってセックスは、自分自身の強さを象徴するものでもあるといわれます。うまくいかなかった時は、女性が想像するよりもずっと深く傷ついています。

冗談でも、「がっかり」など、相手に追い打ちをかけるような言葉をかけてはいけないと言われます。女性の何気ない一言が原因で心因性のEDとなる男性はかなりの数に上るようです。

男性は、その体力面においては、はるかに女性を上回るのですが、精神面においては一般に女性より繊細のようです。 夫婦だから何を言っても良い、という態度は、改める必要があるかもしれません。思いやりの心を持って、お互いを尊重していきたいものです。

Recommend