Category : 拒まれた妻の心理

一生パートナーとしてやっていく自信が無い

夫からセックスを拒まれた妻としては、もう自分のことを女として見てもらえないことを意味します。ある程度理解しているのなら、セックス無しであっても問題無いでしょう。 しかし、まだ自分の中に女の部分があって性欲がある状態では、生殺しとも言えます。一生のパートナーとしてやっていく自信が無くなるのも自然なことと言えるでしょう。死ぬまで夫とセックスができないのではと不安に思ってしまうからです。

一度拒まれると女としてショック

夫にセックスを拒まれた女性は、大きなショックを感じます。女性として、欠陥品であるかのような気持ちになってしまう人もいるのです。セックスで夫とつながっていると強く感じている人ほど、一度拒まれると立ち直りがなかなかできません。女としてのプライドがずたずたになってしまっているからです。

妻としては、夫からのセックス要求に応えることも務めのひとつだと考えている人も多いものです。しかし、夫がセックスをしたくないと言えば、自分の存在価値とは何だろうかと悩むのです。自分とのセックスを拒否したということは、もう女としてみてもらえていないのだと大きな悲しみにくれることでしょう。

愛している夫であればあるほど、傷は深いのです。夫がセックスを拒むというのは、想像以上に妻の心に影を落としていることに気付いてください。表面上はおだやかでも、内心は悲しみでいっぱいになっていることも多いのです。妻として、女として、セックスを拒否される女性の悲しみを理解しましょう。

性欲を我慢するべきか悩む女たち

さて、夫にセックスを拒否されたとなると妻はどうやって性欲を処理すればいいのか悩むことになります。本来なら、夫とのセックスで性欲も解消できているわけです。しかし、夫がセックスできないとなると、ほかの方法で解決するしかありません。となると、自分自身で処理するか浮気・不倫をするかということになるでしょう。

しかし、夫を愛している妻は、夫以外の男性とセックスすることなど考えられないでしょう。でも、自分の性欲は高まるばかりとなると、欲求不満に陥ってしまいます。欲求不満は、心身にさまざまな悪影響を及ぼすので注意しなければなりません。 セックスレスがうつを引き出すこともあります。女性にとっては、夫に求められなくなるということがどれだけ傷付くことであるのかわかります。

一生のパートナーとしてやっていく自信が無くなる

夫からセックスを拒否された場合、妻の中には不信感や悲しみが芽生えます。すると、一生のパートナーとしてやっていく自信が無くなることもあります。別に長く夫婦をやってきているのだから、セックスがなくてもいいのではと考える人もいるでしょう。

しかし、双方が自然な形でセックスからフェードアウトしていくのではなく、夫が妻に一方的にセックスを拒否したとなると話は全く異なるわけですね。女としての気持ちを踏みにじられたと感じた妻は、離婚も考えることもあるのです。夫は、妻の心の中を理解してきちんとフォローをする必要があるでしょう。男性機能の回復に努めることは、やはり夫の義務なのです。

まとめ

セックスを拒まれた妻たちは、夫と一生のパートナーとしてやっていく自信を失います。女として自分のことを見てもらえないことは、妻としてもやるせないものです。夫のことを一生のパートナーと考えて寄り添っていくのも不安になることでしょう。 すでに子どもが大きくなっているなどで、家族になっているならまだしも、性欲がある状態では生殺しとも言えます。妻たちの悩みは深いのです。

Recommend