Category : ED治療薬の豆知識

ED治療薬で気をつけたいポイント

ED治療薬は、きちんと処方を受けて使う分には安全性も高く、効き目にも優れた薬ですが、用法や用量には気を付ける必要があります。効果を増強させるために勝手に量を増やしたりすると、重大な副作用につながるリスクがありますので、かならず使い方を守りましょう。

薬を飲むときの注意事項

ED治療薬の中でも、バイアグラとレビトラは、行為の約1時間前に服用します。シアリスは、効果が36時間も続きますので、余裕をもって飲むことが可能です。 どんな薬にもいえることですが、基本的には水で飲むようにしましょう。コップ1杯程度の水で飲むのが、もっとも薬が溶け出しやすく、効き目が現れやすいといわれています。どうしても水がない場合は、お茶にしておきましょう。 アルコールとの併用は禁忌ではありませんが、どちらにも血管拡張作用があるため、多量に摂取すると副作用が起きやすくなります。あくまで適量にとどめましょう。

またED治療薬の中でも、特にバイアグラは食事の影響を受けやすい薬です。食後から2~3時間はあけて飲んだほうが、吸収が早くなって効果が出やすくなります。うちの夫も、食後はかならず避けて、なるべく空腹時に飲むようにしています。 実際、食べ物が胃に残っていると体も重くなりますし、眠気も出てきますので、性行為は食前のほうが集中しやすいようですよ。

服用はかならず1回1錠と決められています。もっと飲めば、より勃起するのではないかと思って量を増やしてしまうと、心臓に負担がかかって発作が起こるリスクが高まりますので、絶対にやめましょう。

ED治療薬の副作用は?

どんな薬にも、薬である以上は副作用が報告されています。 ED治療薬の場合、血管を拡張して血流が良くなりますので、顔のほてりや動悸、目の充血などが代表的な副作用です。うちの夫も、服用後はやはり少し顔が紅潮する気がします。特に気にならない程度ですが、あまり症状が強い場合は他の薬に変えてもらうのも1つの方法だと思います。

また稀に、めまいや視覚障害が起こることがあるそうです。服用後はなるべく、車の運転などは控えたほうが良いでしょう。うちもかならず、ラブホテルに着いてから薬を飲むようにしています。

万が一、服用後の性行為中に心臓発作などが起こった場合は、すみやかに救急車を呼ぶなどして受診しましょう。ED治療薬を飲んでいてもいなくても、ある時突然、狭心症の発作が起こる可能性はあります。でもED治療薬を飲んでいる場合は使用できない薬があるため、パートナーが代わりに説明することが重要です。

そのためにも、薬の使用についてはパートナーに知っておいてもらったほうが絶対に良いと思います。2人で理解しあって、セックスを楽しみましょう。

Recommend