Category : ED治療薬の豆知識

ED治療薬=危険というイメージの誤解

バイアグラと聞くと、何となく「怖い」イメージがありませんか?私にはありました。なぜかと考えると、その昔「心臓発作で亡くなった」というニュースを耳にしたことがあるからです。 しかし夫のクリニック訪問で、その危険性は現在ほとんどないことが判明しました。

併用できない薬がある!

バイアグラは、1998年にアメリカで販売が始まったものです。当時は男性たちにとって画期的な薬が出たとのことで、世界中で話題になり、アメリカ以外からも多数の購入者がいたそうです。

しかしED治療薬は、医師の処方が必要な薬です。心臓病などで「硝酸薬」と呼ばれる薬を服用している人や、肝臓や腎臓に重い障害のある人には使えません。 当時はまだそういった知識が普及しておらず、物珍しさや「ちょっとためしてみたい」男性たちがこぞって個人輸入をしていました。

その結果、本来は使用できない人たちが服用してしまい、行為中に腹上死してしまう事件が起きたそうです。 そんな問題もあって、日本でも異例の速さで1999年にバイアグラを承認。医師の処方を義務づけるようになりました。

夫もクリニックで、心疾患がないか、常用している薬はないかなど、細かく問診を受けてから薬を処方してもらいましたので、安全性はかなり確立されていると思います。

ネットの偽造品には気をつけて

しかしインターネットで調べてみると、バイアグラなどのED治療薬の個人輸入はまだまだ続いているようです。 たしかにED治療は保険適用にならないため、薬も自費負担となります。夫の購入したバイアグラの25mgは、1錠で1,300円でしたので、やはり他の薬と比べると高価になります。

夫も、薬でED症状が劇的に改善したことから「これだったら、ネットでもっと安く買えないかな」と言ったのですが、私が調べたところ、それは非常に危険ということが分かりました。

ED治療薬を販売している会社の合同調査によれば、ネット上に出回っている薬の多くが偽造品であることが判明したそうです。有効成分が規定量を大幅に下回っていたり、 中にはかなり不衛生な環境で作られている薬もあるようで、それを考えると個人輸入はリスクが高いといえます。

だったら回数を減らしてもいいから、安心できる処方薬を使ったほうがいいと私たちは話し合っています。 それにバイアグラを使うようになって、夫も徐々に自信を回復してきたのか、時々飲まないことがあっても以前より元気になったのです。これは予想外の効果でした。 仕事にもより前向きになったように見えますし、やっぱり男性にとって性機能に自信をもてることは、女性が思うより大きな意味があるのだと感じています。

Recommend