Category : 夫のクリニック訪問記

妻にうれしい「初診料や診察料が0円!」

夫がお世話になっているのは、首都圏に数ヵ所ある男性専用のクリニックです。ここを選んで良かったと思うのは、スタッフが男性ばかりであることはもちろん、初診料や診察料などがまったくかからないことです。 純粋にバイアグラの料金のみですので、家計的にも助かっています。

保険の使えないED治療だからこそ、なるべく節約したい!

ED治療には残念ながら、健康保険を使うことができません。EDは健康をおびやかす病気とは見なされないからなのですが、どんなケースであっても一切、保険が適用されない日本は、先進国の中でもかなり珍しいのだそうです。

とにかくED治療はどこで受けても、必ず10割負担になってしまいます。ただでさえ薬が1錠1,000円以上もするのに、その上、初診料や診察料も自己負担で支払うとなると、馬鹿にならない金額がかかってしまいますよね。

その点、うちの夫が男性専用のクリニックを受診したのはラッキーだったと思います。そこでは薬代以外のお金がまったくかからないのです。最初は私も不思議に思ったのですが、保険の使えない治療(自由診療)の場合、料金はすべて医療機関が好きなように設定できるため、0円にしてもOKなのだそうです。

しかもクリニックでは、ED治療薬は1錠から処方してもらえますので、いきなり万単位のお金を支払うようなこともありません。うちではバイアグラを月に2~3錠利用していますので、時々夫がクリニックに行って新しい分をもらってきています。

ちなみにED治療薬は処方箋の必要な薬ですので、どんなに継続的に使用していても、郵送してもらうことはできません。安全のためにも、毎回必ず診察を受けてからお薬をもらっていますよ。

ED治療薬は、継続的に使っても問題ない!?

ED治療薬を夫に使ってもらうにあたって、最初気になったのが「毎回使い続けても体に害はないのかな?」ということでした。やっぱり薬ですから、そう何度も使っては何らかの影響が出るんじゃないかと心配になったのです。

しかし夫がお医者さんに尋ねたところ、そういう心配は要らないとのこと。なぜならED治療薬は強制的に勃起をうながすような薬ではなく、あくまで血流を良くして勃起しやすい状態にしてくれるものだからです。

実際、ED治療薬は血流を改善して動脈硬化を遅らせることから、心筋梗塞などの予防にもつながるといわれています。また心肺機能を高める働きもあるため、一部では高山症の予防や、戦闘パイロットの能力向上にも活用されているのだとか。 さらに最近では、体内時計を正常化する作用も発見され、「時差ボケ」に効くのではないかという話も出てきているようです。

ED治療薬は、意外に万能な薬なのかもしれませんね。もちろん使用方法をきちんと守った上で、これからも活用していきたいと思っています。

Recommend