Category : EDになった原因

薬の副作用によるEDもある!?

EDの中には、服用している薬の副作用として現れるものがあるそうです。この場合のEDは「薬剤性ED」といって、少し特殊なケースになります。 原因となる薬の服用量を減らすか、薬を変えるかすることで治療できますので、EDの中ではもっとも改善しやすいタイプといえるかもしれません。

薬剤性EDの原因となる薬

EDは多くの場合、体に原因がある「器質性ED」と、精神的なものからくる「心因性ED」のいずれかに分類されます。しかし、そのどちらにも属しないのが「薬剤性ED」であり、一説には新たにEDで受診する患者さんの25パーセントを占めるといわれています。

原因となる薬は数多くありますが、特に有名なのは抗うつ薬や抗精神病薬、睡眠薬などです。これらは中枢神経に働きかける薬ですので、勃起に必要な「性的刺激の神経伝達」を阻害してしまうことがあります。 またうつ病などの場合、性欲が低下することが一般的ですから、なおさらEDになりやすい状態だといえそうです。 他には、ホルモン製剤もよく知られています。特に男性ホルモンを抑える働きのある薬では、EDの副作用が多く報告されているようです。

その他、降圧剤や利尿剤、消化性潰瘍の治療薬やアレルギー薬などでもEDの副作用が起こる場合があります。たとえば降圧剤の場合、もともと高血圧によって陰茎の血流がとどこっているところに、薬によって血圧が下がることで、さらに血流が悪くなるためだと考えられています。 ちなみに降圧剤を使っている男性患者さんのED率を調べてみると、使っていない男性よりも明らかにリスクが高かったとのことです。 ただし高血圧自体がEDのリスクファクターですから、病気から来るものなのか薬によるものなのかの判断は難しく、薬剤性EDには不明確な部分も多いとされています。

薬剤性EDが疑われる場合は、担当医に相談を

ある薬を飲み始めてから勃起力が弱まった場合は、薬剤性EDの可能性も疑い、まずは担当医に相談してみましょう。それで原因となる薬を減らす、もしくは他の薬に変えることで経過観察をおこない、症状が良くなるかどうかをチェックします。

それが難しい場合も、ED治療薬を追加することによって改善できる可能性があります。バイアグラなどのED治療薬は、ニトログリセリンなどの一部の薬をのぞいて、併用できる場合が多いですので、ぜひお医者さんに相談してみてください。

また薬はいかなるものでも、必要があって処方されているものですから、独断で使用を中止するのは危険です。特に抗うつ薬などは、急に服用をやめると反動で重い副作用が現れる場合も少なくありませんので、必ず医師に相談した上で調節するようにしてくださいね。

Recommend