Category : ED克服のために妻ができること

「永遠にラブラブ」なんてありえるの?

「そもそも、同じ男女が永遠にラブラブ状態なんてあり得るの?」…夫婦のセックスレスについて悩み始めると、ついそんな疑問にぶち当たります。 実際、男女の愛は4年くらいで冷めるという説もあるのですが、人間は本能だけで生きているわけではないため、末永く愛情を育むこともできるはずです。

なぜ男女の愛は4年で終わるのか?

「男女の愛がいつまで続くか」というテーマは、国内外でよく研究されているようなのですが、特に有名な理論として「4年で終わる説」があります。ヘレン・E・フィッシャーというアメリカの女性学者が唱えた説で、「愛はなぜ終わるのか」という本に詳しく書かれています。

彼女によれば、人が異性を好きになるのはすべてDNAのしわざ、つまり子孫繁栄のための本能によるものだ、ということです。盲目的に誰かに恋い焦がれ、常に一緒にいたいと思うのも、2人が結婚(あるいはセックス)をして子どもを作るため、ということになります。 逆にもしもそのような強い感情が湧きおこらなければ、人は理性で色々と考えて、結婚や子作りという選択をしなくなるのかもしれません。

そしてヘレンさんが調査する中で、世界各国、離婚のピークを迎えるのが「結婚4年目」であることが分かりました。しかも女性の浮気による離婚のほうが多いのだそうです。 これは、最初のパートナーとの間に生まれた子が少し大きくなったら、今度は次のパートナーを見つけて再び熱烈な恋に落ちたほうが次の子孫繁栄につながりやすいためではないか、と推測されています。

人間は、生殖のためだけに生きているわけではない!

つまり人がセックスレスになったり、浮気や離婚をしたりするのは、ある意味では自然なことである、ということです。どんな生き物もすべて、子孫繁栄のためにもっとも効率のいい戦略をとりますから、人も本能に従うなら4年くらいでパートナーをチェンジしたほうがいいのかもしれません。そうすれば、確かにセックスレスやら妻だけEDやらの問題も起こりにくそうです。常に新鮮な関係を楽しめますからね。

しかし人間社会は、本能に従うだけでは崩壊することも分かっています。実際、古代ローマ帝国では、男女とも浮気するのが当たり前という時代がありました。自由でいいじゃん!という感じだったのですが、そうすると結婚する人が減り、出生率がどんどん落ちてしまったのです。そんな歴史上の失敗から学んだのか、世界各国で婚姻制度がしっかりと整備され、夫婦は末永く一緒にいることが望ましいとされるようになりました。

つまり結婚とは個人の幸せというよりは、社会が存続していくために出来上がったシステムだといえそうです。しかしそれで私たちが不幸になるかというと、そうとは限りません。特に平均寿命が80歳を越えるような日本では、生殖年齢を過ぎてからの人生が長いため、子孫繁栄の本能だけで生きるのはむしろリスクのほうが大きいはずです。

出会った頃のような熱い感情はなくなったとしても、その代わり穏やかな愛情で結ばれ続ければ、それが必ず幸せな老後につながっていきます。「もう妻(夫)には飽きた!」と簡単に離婚しようとする人は、ぜひ長い目で見て考えてほしいと思います。

Recommend