Category : ED克服のために妻ができること

EDを吹っ飛ばせ!「馬並み」に元気になるにはやっぱり「馬刺し」

加齢とともに元気がなくなるのは誰でも同じ。体力が低下して少し運動しただけでも疲労がたまります。ミドルエイジになれば、会社でもある程度の責任を負う立場となり、ストレスも大きくなるでしょう。ストレスと加齢とで代謝機能が低下するため、若いころと同じだけ食べていては、おなかの周りにどんどん脂肪がたまってしまいます。

それと同時に起こりやすいのが、ED。「加齢だから仕方がない」と諦めるのはまだ早い。40代、50代でのセックスレスは、熟年離婚や「妻の浮気」の最大要因。健康な体を取り戻すことはとても大切です。そのためにお勧めなのが「馬刺し」。「馬並み」に元気な体を取り戻すために、馬刺しを食べましょう。

メタボとEDとの密接な関係!?

加齢にストレス、運動不足も重なって、気づいたときには「メタボ」になっていた、という人も少なくないでしょう。メタボになりかけた人、なってしまった人の多くが気がつくのは、下半身の問題。若いころのようには勃起できなくなっています。実はEDの大きな要因の一つがメタボなのです。

血液がドロドロになり血行が悪くなると、下半身の血流も悪くなります。脳から「勃起」の指示が出ても、現場では血液が前に進まず身動きが取れない状態になっているのです。「部下に指示をしたのに、指示通りに動いてくれない」のと同じこと。部下も「どうして良いのか分からず」困っています。EDを改善するには、メタボを改善することも大切です。

メタボに効果の高い馬刺し

下半身の血流を良くするためには、ウォーキングなどの運動とともに、食生活の改善も大切です。馬肉は牛肉に比べてカロリーが半分から3分の1程度しかありません。しかも、疲労回復に効果の高いグリコーゲンや、貧血に効果のある鉄分、ビタミンなども豊富。とても健康的な食材です。たてがみの肉である「コウネ」には、若さを取り戻すコラーゲンが詰まっています。

牛はゆったりのんびりと過ごす動物ですが、馬は走り回る動物。エネルギーを取り戻すには、やはり牛より馬を食べた方が良いのでしょう。牛肉食を馬肉・馬刺しに変えるだけで、かなりのエネルギーカットになりますし、栄養素のバランスも良くなります。血流の改善ができれば、下半身の力も復活でき、「馬並み」の元気が取り戻せるはずです。

メタボ対策、ED対策には「馬刺し」が効果的。通販でも手に入れられますので、本場の馬肉を食べて、元気を取り戻しましょう。

Recommend